テープ起こし

j03
[スポンサード リンク]


昔から内職としてある「テープ起こし」のお仕事は、音声を文書化・データ化するお仕事です。資格等はいらないので、初心者でも始めやすいお仕事です。

聞きながらタイピングもしていかなければならないので、かなりの集中力が必要となりますので、こつこつ作業に取り組める方に向いている内職と言えるでしょう。

テープ起こしのお仕事

テープ起こしとは講演会・会議・インタビュー等のテープ、MD、VTR などに録音された音声を文書化(音声の活字化、テキスト化)するお仕事です。

テープ起こしの中にも何種類かあって、

録音されている内容をそのまま一字一句忠実に文章にする「素起こし」、
音声を頭の中で整理して要点だけをまとめる「リライト」

などがあります。

委託元によって求められるスタイルは様々ですので、契約の際にきっちり確認しておきましょう。

専門的な講演会などの音声になると、難しい言葉も出てくるので専門的な知識も必要となりますが、その分報酬の単価が高い場合が多いようです。

音声を聞いてパソコンを使って文字入力をし、テキストデータとして委託元に納品します。

テープ起こしのお仕事の収入

委託元によって様々ですが、一般的には1時間テープにつき5,000円以上になります。慣れた人だと1時間のテープを2時間ぐらいでデータ化出来るので、時給換算すると2,500円程になります。
素起こしがほとんどですが、リライトまでこなせればより高収入が見込めます。リライトでのテープ起こしの場合は1時間の音声で1万円~が相場のようです。


[スポンサード リンク]

この記事と同じカテゴリの最新記事



このページの先頭へ