【内職さんの声】お守り作りの内職

a0990_000157
[スポンサード リンク]


以前、神社で売られているお守作りの内職をしたことがあります。

私が作っていたのは、干支の絵が入った小さい可愛らしいお守りでした。すでに袋状になったお守りの中へ、厚紙に八角形の鏡のようなものを挟んで入れます。

そして上の部分を斜めに折り、目打ちで穴を開けてリボンを通して結びます。

お守りは、買う人が幸せになりたいと願いを込めて買うものです。ですから、ひとつひとつ思いを込めて作っていました。

ただ、内職は単価が安いので、速さと仕上がりの美しさが命です。もくもくと作業していました。

もちろん納期があり、綺麗でないのはやり直しです。

目打ちで穴を開けたら取り返しがつかないので、緊張しました。

お守り作りの内職は、縁起のいい幸せな気持ちになる内職でした。


[スポンサード リンク]

この記事と同じカテゴリの最新記事



このページの先頭へ